一人親方でも建設業許可は取れるか?

    

フリーダイヤル

0800-080-8739

年中無休 9:00〜21:00

〒942-0004 新潟県上越市西本町3-3-15

一人親方でも建設業許可は取れるか?

一人親方でも建設業免許の取得は可能なのか

結論から言うと可能です。その理由は、建設業許可は建設業における専任技術者と、管理責任者を配置すれば取得できることになっており、これを一人で兼務していても実際に登録を行うことで取得することが出来るためです。一般的には専任技術者と管理責任者をそれぞれ個別に常駐させることが望ましいのですが、実際には兼務でも認められるため、取得することが可能となります。/p>

但し、実際の工事を請け負う際には建設現場に主任技術者を配置した上事務所には管理責任者を配置し、常に連絡が取れる状態にすることが義務付けられています。その為、一人では現場に主任技術者として常駐することが義務付けられており、自身が事務所に管理責任者として常駐することはできないため、一定の条件を満たす場合に限り事務所に管理責任者を常駐させなくても許可を取得できるケースが有ります。/p>

建設業許可の特例について

建設業許可は安全性の高い建築物を建築する上で極めて重要なものです。基本的には建設工事に専任技術者を配置した上で、事務所に管理技術者を常駐させることで法令を順守しながらしっかりと技術的な運用を現場で実現する事が出来るためです。但し、一人の場合には現場に行っている場合には事務所に常駐することは物理的に不可能ですが、元請けが明確であることと、事務所が近隣にありいつでも連絡ができることを条件に許可が与えられることがあります。/p>

一人親方と建設業許可の関連性について

一人親方が増えている要因として、建設業者側の人件費の削減が影響している面が増えています。実際には一人で建設業を営む状態ではないのに社会保険の加入の問題やその他の人件費の削減の問題から独立させるケースが増えているのです。その為、最近ではこのような場合の認可を行わないことで独立を抑止するとともに、安全性の高い建設を行う方向にする傾向が有ります。

問い合わせバナー
メールバナー