ここに注意!建設業許可が取り消しになるケースを解説

    

フリーダイヤル

0800-080-8739

年中無休 9:00〜21:00

〒942-0004 新潟県上越市西本町3-3-15

ここに注意!建設業許可が取り消しになるケースを解説

不正な手段で許可を取得した場合

建設業許可を受けるためには法律に基づいて適正な責任者や技術者が必要になります。例えば、建設業を営む営業所には必ず専門士もしくは高度専門士と呼ばれる専任の技術者を置く必要がありますが、これらの技術者が退職等の理由によりいなくなった場合は許可取り消しの対象となります。よって、必要な人員がいなくならないよう、速やかに対応しておく必要があります。

また、上記の必要な技術を技術者が有していないにも関わらず虚偽の申請をした場合も、不正の手段により許可を取得したと見なされ取り消し処分となります。

行政処分に違反した場合

建設業法違反などによる行政処分には、指示処分や営業停止処分も存在します。例えば、何かしらの違反により是正が求められたとします。この指示処分に従わなければ、1年以内の営業停止や営業禁止処分となります。さらにこの処分に従わなかった場合、建設業許可が取り消されてしまいます。

その他の欠格要因

その他、許可が取り消されてしまう場合としては次のようなものがあります。例えば成年被後見人、被保佐人、破産者になった場合、また取り消し処分を逃れるために廃業の届け出を行い、さらにその届け出の日から5年が経過されていない場合も欠格要因に該当します。 また廃業の届け出をする際には、許可取消処分に係る聴聞通知を受けます。

この通知の前60日以内に該当する会社の役員だった場合は、この届け出の日から5年が経過してないと建設業許可を受けることはできません。その他、暴力団員が取締役になった場合や、禁固刑以上の刑に処せられたり、執行猶予の判決を受けた場合なども当てはまります。 このように、許可が取り消される例はいくつかあります。

悪意がある場合はもちろんのこと、例えそうでなかったとしても知らなかったでは済まされないケースになります。詳しくは建設業法第29条に記載されている事項になりますので、この内容をしっかりと頭に入れておく必要があります。

問い合わせバナー
メールバナー