建設業許可の場面で登場する法律の種類と概要

    

フリーダイヤル

0800-080-8739

年中無休 9:00〜21:00

〒942-0004 新潟県上越市西本町3-3-15

建設業許可の場面で登場する法律の種類と概要

建設業法について

建設用許可は、申請においては建設業許可申請を許可行政庁に提出することになり、ここでは、2つ以上の都道府県の区域に営業所を設ける場合には国土交通大臣、1つの都道府県の区域内でのみ営業所を設ける場合には都道府県知事の許可を得る事になります。申請においては大きく関連する法律して建設業法があり、この法律は、建設業を営む者の脂質の向上や、適正な施工の確保、発注者の保護、建設業の健全な発展を目的として定められています。

建設業許可申請においては、建設業法第3条の「建設業の許可」から第4条の「附帯工事」までが「通則」として、第5条の「許可の申請」から第13条の「提出書類の閲覧」までが「一般建設業の許可」、第15条の「許可の基準」に関しては「特定建設業」の許可に関しての内容が記載されています。それぞれの条項に関しては、多くは詳細に関して建設業法施行令に定めており、申請書の作成においては、建設業法施行令に定められた条件を満足する必要があります。

例えば、建設業法第3条において、2以上の都道府県の区域内にある営業所に関しては、本店または支店もしくは政令に定めるこれに準ずるとあります。そのために、ここでは建設業法施行令第1条を確認する必要があり、他にも同じような記載が条文ごとにあります。また、建設法第3条においては、政令で定める軽微な建設工事に関しては許可は不要となっており、この場合の政令は建設業法施行令第1条の二を確認する必要があります。

建設業法は、許認可の他にも、請負契約、元請負人の義務、契約に関する紛争の処理、経営に関する事項の審査等が設けてあり、建設工事を行う場合には重要な法律となります。

国土交通省令について

国土交通省令は、法律もしくは政令の特別の委任に基いて、それぞれの機関の命令として各省大臣が発するものとなります。建設業法においては建設業法施工規則が該当し、現在、第1条から第29条までが設けられており、以下、多くの附則が定められています。例えば、建設業法第5条「許可の申請」においては、一般建設業の許可を受ける者は国土交通省令に定めるとあり、ここでは、建設業法施工規則第2条、第6条、第7条が関連ある条項となります。

問い合わせバナー
メールバナー