誠実性が要件、というけど、建設業許可の「誠実性」ってどういうこと?

    

フリーダイヤル

0800-080-8739

年中無休 9:00〜21:00

〒942-0004 新潟県上越市西本町3-3-15

誠実性が要件、というけど、建設業許可の「誠実性」ってどういうこと?

建設業許可の要件に誠実性が挙げられているのはなぜか

建設業許可の要件としてわざわざ誠実性が挙げられているのはなぜでしょうか。何を行なう場合でも誠実であることは当然必要なことと言えますが、特に建設業は規模の小さな事業ではありません。

完成までに必要とされる期間が非常に長く、なおかつ一件当たりの金額もかなり高いものとなるでしょう。こうした大きな事業において、本当に安心できる取引を行なうためには、やはり誠実さが大前提となることでしょう。

建設業の経営に携わる人に求められる誠実性

法人にしろ個人にしろ、建設業の経営に携わる側には誠実であることが求められています。例えば、法人の場合、非常勤を含む役員全員、実質的な経営者、さらには支配人や営業所の代表者などに求められるものとなります。

また、個人の場合であれば、申請者や支配人、さらには営業所の代表者に誠実であることが求められています。つまり簡単に言えば、建設業に携わるすべての人に清廉潔白であることが必要とされているわけではなく、経営に携わる人に必要とされているということを覚えておきましょう。

不正または不確実な行為とは何か

では、誠実さを判断するための基準とはいったい何でしょうか。基本的に言って、これまでに他の法律などで行政処分を受けた経験があるかどうかといった要素によって判断されることになるでしょう。ここで言う法律の代表的な例としては、宅地建物取引業法や建築士法などを挙げることができます。

仮に、過去にこれらの法律に違反したことが原因で、免許が取り消されたとしましょう。そのような場合、最終取り消し処分から五年以上経過していないと、誠実性がないとして判断されることになってしまいます。そのように判断されてしまうと、請負契約に関して不正または不確実な行為をする恐れが全くないとはみなされないため、建設業許可を取得することができなくなってしまいます。

もちろん、過去にこれらの法律上の処分がなければ、まずこの要件に関してはそれほど心配する必要はないでしょう。しかし、このようにして安全性が確保されているのです。

問い合わせバナー
メールバナー