建設業にまつわる罰則一覧!

    

フリーダイヤル

0800-080-8739

年中無休 9:00〜21:00

〒942-0004 新潟県上越市西本町3-3-15

建設業にまつわる罰則一覧!

無許可での工事は違反と隣り合わせ

無許可の建設工事は、建設業法の罰則の対象にあたることがあります。ただし、軽微な工事は対象外なので、何を持って違反となるか、これが誰にとっても気になるポイントです。ポイントとなるのは、工事に許可が必要か否かで、これが建設業法違反かどうかを判断する鍵といえます。万が一罰則に該当すると、3年以下の懲役か300万円の罰金が科せられるので、建設業に携わる場合は注意が不可欠です。

処罰の対象者は、法人の代表や代理人、更に使用者や従業者も加わります。建設業法45条と46条に定められている罰金刑は、3年以下の懲役のケースだけではなく、6ヶ月以下の懲役、又は50万円の罰金が科せられることもあります。どちらも情状により併科の対象で、状況に応じて変化します。

責任の大きな立場にはより厳しい罰則あり

元請けに対する罰則は重く、法人には厳しいのが一般的です。元請業者が建設業法に違反した場合は、7日以上の営業停止が科せられたり、場合によっては許可の取り消しもあります。

法人の役員に対しては、5年間の処分もあり得ますから、罰則がどれだけ重いか分かります。営業を行っている法人にとって、営業停止は重たい処分ですし、時に懲役や罰金以上の重みが生じます。代表者が責任を負う、それだけでは済まないこともあるので、法律や決まりに関する理解を深めることが大切です。建設業法の罰則は、とても簡単かつ明快ですから、正しく覚えて守ることをおすすめします。

罰則を受けてから後悔しないために

処罰されない為には、基本を踏まえて必ず守り、工事に携わる人に守らせることが重要です。この法律で重視されているのは、工事の際に許可を取り、許可を得てから作業を始める点にあります。書類の虚偽は、特に厳しく罰せられますから、許可申請や書類の内容に関する重要性について、理解する切っ掛けとなります。

元請業者の責任は、下請け業者の法令遵守を指導したり、促すことにも該当します。努力を怠り、責任を放棄したと見なされれば、法人に厳しい判断が下されると考えられるでしょう。また、法律の違反が発覚した時は是正したり、それでも改善しなければ都道府県の知事に通報する義務もあります。

逆にいえば、これらを正しく守り遵守していれば、違法性が問われたり処罰される可能性は大幅に低下します。軽微であれば罰金で済みますが、重大と見なされれば懲役もありますし、一大事になると法人単位でも処分されます。発覚しても罪は軽いと考えず、重要性を理解して守ることこそが、工事に従事する関係者の信頼性や信用に結び付きます。

問い合わせバナー
メールバナー