建設業許可を受けるとこんなメリットが!

    

フリーダイヤル

0800-080-8739

年中無休 9:00〜21:00

〒942-0004 新潟県上越市西本町3-3-15

建設業許可を受けるとこんなメリットが!

これまで受注できなかったような大規模工事が受注できる

基本的に言って、建設業許可を受けていない場合、税込みで500万円未満の工事しか請け負うことができません。500万円未満の工事とはいったいどれほどの規模のものなのでしょうか?実は比較的軽微な工事と言うことができるでしょう。

しかし、その許可を取得するなら、500万円以上の大規模な工事を受注できるようになります。そのため、500万円という制限を課されることなく、大きな工事を請け負うことが可能になるというのは非常に大きなメリットと言えるでしょう。

融資が受けやすくなると同時に大手企業とも取引できる

一般的に言って、許可を取得するためには、経営者や技術者としての経験、また個人や会社としての経営基盤といったものがしっかりしていなければなりません。言い換えれば、建設業許可を取得できたということは、それだけの経験や実力があったということの証明となるわけです。そのため、社会的な信用は大きくなります。

この点は、金融機関にとって融資を行なう際の大事な判断材料となるでしょう。こうして、許可を取得することによって、金融機関からの融資を更に受けやすくなるのです。

加えて、特に最近では、許可を受けている業者とのみ取引をする大手企業(特に元請けのゼネコンなどです)が増えています。そうした状況が見られるようになった背景として、最近法令遵守が特に重視されるようになったことと大きな関連があると言ってよいでしょう。

つまり、許可を取得しているなら、それだけ大手の企業からの仕事を請け負うチャンスが増えるということです。大きなビジネスチャンスにつながるともいえるため、まさに大きなメリットとなっています。

公共工事の受注により事業をさらに安定させることができる

建設業許可を取得しているなら、経営事項審査を受けることが可能になります。この審査を受けて、入札参加資格を取得することによって、公共工事への入札を行なうことができるようになります。

こうして、事業を一層安定させることができるようになるでしょう。仮に、建設業許可を取得していない場合には、経営事項審査を受けることができず、当然のことながら入札参加もできないため、公共工事を受注することはできません。このように、許可を取得することには、幾つかのメリットがあるのです。

問い合わせバナー
メールバナー