建設業許可申請に必要な書類をチェック

    

フリーダイヤル

0800-080-8739

年中無休 9:00〜21:00

〒942-0004 新潟県上越市西本町3-3-15

建設業許可申請に必要な書類をチェック

建設業許可を申請をする場合はさまざまな必要書類を用意しておかなければなりません。 では一体どのような書類を用意しなければならないのでしょうか。

建設業許可のための申請書

一般的に必要になってくるものは複数ありますが建設業許可申請書の中身もしっかりと記述しなければなりません。

役員一覧表、営業所一覧表、直近3年の各事業年度の工事施工金額、使用人数、誓約書、経営業務の管理責任者証明書、専任技術者証明書、実務経験証明書、指導監督的実務経験証明書、令第3条に規定する使用人の一覧表、国家資格者等・監理技術者一覧表、許可申請者の略歴書、令第3条に規定する使用人の略歴書、株主調書、直近1年分の財務諸表、営業の沿革、所属建設業団体、健康保険等の加入状況、主要取引金融機関等を記述しないといけません。

これらの必要とされる申請書のなかには個人事業で行う場合は不要で法人で行う場合のみ必要なものや、専任技術者がいる場合など許可を受ける時点の状況に応じて変わりますので事業を行う形態と中身をしっかりと確認しておくようにしましょう。

申請時に必要になる添付書類

建設業許可申請書以外にも一緒に提出しないといけない法定書類等がありますので忘れずに添付しないといけません。

例えば、直近3ヶ月以内の商業登記簿謄本又は履歴事項全部証明書、事業税や法人税や所得税の納税証明書、納税証明書が添付できない場合の法人設立届け控えや個人事業開業届け控え、残高証明書、住民票の写し、登記されていないことの証明書、身分証明書、定款、定款変更に関する議事録などになります。

確認のために必要な書類

申請時に添付して提出するものがたくさんありますが、それの確認のためや要件を満たしているかどうかを裏付けするために用意しておかないといけないものがあります。

管理責任者や専任技術者がいる場合は常勤を確認するための健康保険証の写しに原本照明したもの、直近の住民税特別徴収税額通知書、常勤を説明できるものが必要となります。

管理責任者の経験期間を確認するためには法人の場合は商業登記簿謄本又は履歴事項全部証明書、個人の場合は所得税確定申告書の写しとなり、専任技術者の場合は社会保険の被保険者記録照会回答票の写し、健康保険被保険者証の写し等が必要となり、資格で申請している場合は不要となります。

営業所の確認の場合は人ではありませんので案内図、建物や入口や事務所などの写真、建物謄本又は賃貸借契約書の写し等が必要となります。

その他にも資格の裏付けのための証明書など多数必要となりますので状況に応じて用意してください。書き方に不安があったり、どの書類が必要なのか迷う場合には専門家に依頼することで不安は大きく解消されることにはなるでしょうし、あなた自身が事業に専念できますので結果的には効率よく回ることもあるでしょう。

問い合わせバナー
メールバナー